忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最初はグーから始まるラブストーリー

「「最初はグー、じゃんけんポンッ」」

「また俺の勝ちだな。グーリーコ」

俺は又も勝利を得たグーの拳を掲げ石段を降りる。
振り返れば不服そうな面で此方を見降ろすシュアと目が合った。

「…面白くない」

そう言うのも当然だ。
なぜなら、彼女の居場所は先ほどから一向に移動していないのだから。

「パウリー強すぎ」

シュアが弱いんだよ。
 さっきから自分がチョキしか出してないことに気付いてないのか?」

「チョキしか出してないことに気付いてたのなら気を利かせてパー出しなさいよ」
 

なんて滅茶苦茶極まりない言い分だ。
いい加減勝たねェと置いてっちまうぞ。
しかし、そう言ってもチョキしか出さないであろう変なところで頑固な彼女の性格を俺は昔からよく知っている。
だから、

「「最初はグー、じゃんけんポンッ」」

本日何度目となるだろう勝負で俺は敢えて一敗を収めた。

「チーヨーコーレーエート」

漸く移動する権利を得た彼女の足取りは軽快。
折角リードしていた距離もすぐに縮まってしまう。
俺も俺で、2度目の"チヨコレエト"であっけなく追いつかれてしまうと知っていながらも結局彼女の笑顔を選んでしまうんだ。

「「最初はグー、じゃんけんポンッ」」

「やったー!また私の勝ち!
 チーヨーコーレーエート……あーげーる」

「…ったく、今年は貰えないんじゃねェかと冷や冷やしたぜ」

奇麗にラッピングを施されたチョコレートを受け取ると、礼を言う代わりに小さな唇にキス落とした。そんなバレンタインの帰り道。

拍手[1回]

PR

プロフィール

HN:
新堂モラトリアム
性別:
女性
自己紹介:
当サイトは個人ファンサイトであり原作者様・出版社様・公式関係者様とは一切関係がありません。また著作権侵害を目的としたものではありません。公共PCからの閲覧、オンラインブックマーク、公式サイトとの同窓閲覧、中傷、荒らし、サイト内の文章や画像の無断転載や模倣等はご遠慮ください。閲覧は全て自己責任となりますので苦情は一切受け付けません。マナーを守って楽しめる方のみどうぞ。

NAME CHANGE

ブログ内検索

ご意見があればお気軽にどうぞ